Wi-Fi 5GHzと気象・軍用レーダーの干渉を避ける『DFS規制』とは

Allion Labs/ Flash Liu

無線LANの2.4 GHz帯はチャンネル数が少ない割に、この帯域を利用する技術規格が多すぎるため、混雑しやすくなってしまいがちなのは周知の事実でしょう。5 GHz帯のチャンネル数は2.4 GHzより多いですが、その大半はDFSチャンネルです。DFSチャンネルを利用しないと、5 GHzのメリットも半減してしまいます。それではDFSとは、いったい何なのでしょうか。通常のチャンネルとは何が違うのか、なぜ影響が大きいのか、ここで皆様にご説明します。

Read more

次世代のWi-Fiシステム 『Wi-FiメッシュAP』 (1) - 4つの特徴を紹介

Allion Labs/ Ryan Huang

Wi-Fiワイヤレスネットワークは現在の家庭で欠かすことのできない役割を担っています。家族が普段使用するスマートフォンやタブレット、各種3C製品、スマートテレビ、家電等のIoTアプリケーションはすべて、家庭内のWi-Fiを経由してインターネットに接続し、様々なオンラインサービスやクラウドサービスを利用することができます。家庭内のIoT設備すべてをWi-Fiに接続できるようにするため、死角のないWi-Fi無線LANのニーズが生まれています。

Read more

検証結果から分かったIoT製品の問題点とは?

IoTと技術革新によって製品区分の垣根を超えた接続性の多様化が進んだことで、様々なIT製品を駆使した新しいライフスタイルが一般的になりました。例えば、帰宅時の掛け声ひとつで照明やエアコン、テレビなどの電源をONにできるようになるなど、日々の生活はますます便利になりつつあります。しかし、スマートデバイスがより広く利用されるにつれ、開発現場が遭遇する問題が多くなっていることもまた事実です。

Read more

スマートホーム製品は互換性が命

多岐の分野に渡るIoT(Internet of Things:モノのインターネット、以下IoT)の中でも、最も注目を集めているのが『スマートホーム』です。近年、GoogleやApple、Amazonなどの大手企業が対応デバイスを新たに開発しており、IoTスマートホーム分野のトップを目指して鎬を削っています。スマートホームという概念が登場してから、メーカー各社は製品を「スマート化」させるだけでなく、市場では製品同士の互換性を求められており、各社にとって改善のポイントとなっています。

Read more

そのバッテリーは大丈夫? 値段だけではない製品選び

2017年9月11日午後、東京のJR山手線神田駅で男性が背負っていたリュックサックが発火する事故が発生しました。リュックに入れていたモバイルバッテリーが原因とみられ、男性は「秋葉原で安いものを買った」との事でした。モバイルバッテリーが原因とみられる同様の事故は、2016年12月にもJR山手線で起きています。

Read more

3D NAND, NVMe…SSDは次世代へ!Computex Taipei 2017

SSD(Solid State Drive)は現在のストレージ市場の主流製品です。台北で開催されたITトレード        ショー『Computex Taipei 2017』から、3D NAND Flashを搭載したNVMe接続のSSD商品が増加してきました。今やSSDは高性能であるだけでなく、高容量、低価格という利点も兼ね備えた製品となりつつあります。

Read more

ワイヤレス充電の互換性試験 結果と分析

序文

AppleがWireless Power Consortium(WPC)の新メンバーとして加入したことで、次のApple製品にはワイヤレス充電機能が加わると予想されています。Apple社は市場のリーダー的存在として産業を牽引してきていることから、未来の技術として考えられていたワイヤレス充電技術の活況な様子と、技術開発の機運が高まりつつ有ることを示しているように見えます。

Read more