ブルースクリーンはなぜ起こる?WindowsのBSODメモリダンプを解析

Allion Labs / Joseph Lin

ブルースクリーン(BSOD)は、Windows PCでOSに致命的なエラーが発生して復帰できないときに発生します。BSODはOSが正常に動作できない状態に陥ったことを示しています。BSODを引き起こす要因は様々です。ハードウェアが原因のこともありますし、ドライバが原因のこともあります。また、重要なプロセスが予期せず終了したことが原因のこともあります。

Read more

Chromebook AVL品質検証のご紹介

Allion Labs/Joseph Lin

Chrome OSとChromebookとは?

Chrome OSは、Linuxコアに基づいてGoogleが設計したオペレーティングシステムで、メインユーザーインターフェイスとしてGoogle Chromeブラウザを使用しています。Chrome OSは当初主にウェブアプリケーションをサポートしておりましたが、2016年からはAndroidアプリケーション(Google Playストアからダウンロード)およびLinuxアプリケーションとの互換性を持ち始めました。

Read more

Bluetoothキーボード性能検証と分析

Allion Labs/Doyen Tsou

プログラマーやゲーマーのようなコンピュータ使用者にとって、キーボードは欠かすことのできないツールとなってきています。2.4 G Hz Wi-Fi やBluetoothの無線キーボードは無線技術が成熟するにしたがって増加してきており、ユーザはより高速でより便利なキーボードを選択するようになってきています。

近年、無線は家でもオフィスでもe-sports会場などいたるところで使用されています。Wi-FiもBluetoothも同じ2.4GHz帯を使用しており、同じ環境の中でたくさんの無線デバイスが使用されているため、干渉問題が発生します。干渉は、無線接続の品質に影響を与え、ユーザエクスペリエンスを悪いものとしてしまいます。

Read more

車内ストレージデバイスの突発的停電のテストと検証

Allion Labs / Richard Shen

近年、自動車のキャビンやエンジンに組み込まれるデジタル製品が増加する中、自動車内のデジタル製品も、コネクテッドカー・高度な運転支援システム(ADAS)・GPSカーナビ等、豊富な機能を持つ車内エンターテイメントシステムへと進化を遂げてきました。中でも車用ストレージデバイスは、データ保存だけでなく、現代におけるカーシステムの高性能計算もサポートする等、将来の自動車産業にとって必要不可欠且つ主要なコンポーネントです。この他に、自動運転のセンサー数や、センサーが対応する解像度、ネットワーク帯域幅が徐々に拡大する中で、膨大なデータ使用量をGB/sの速度まで上げることが可能となります。

Read more

車載モニターの六つの評価・測定指標

Allion Labs / Shirley Lee

スマートカーと自動運転車の発展に伴い、車載モニターの需要は右肩上がりの成長を続けています。生活水準が向上し続ける中で、消費者は車の外見や性能だけでなく、モニターに対しても品質要求を高めています。近年の自動車産業を観察すれば分かるように、映像・オーディオシステム、センタークラスター、インストルメントパネル、バックミラー、サイドミラーなどは、これからすべてモニターに置き換えられていくでしょう。車載モニターの性能をどのように消費者の需要に合わせていくかということが、メーカーの課題になります。長年のIoV検証経験を持つアリオンは、車載モニターのための六つの検証プランを設計しました。製品の性能を確保するだけでなく、消費者の信頼を勝ち取るためにも役立つと保証します。

Read more

TR-398とIoT製品の応用に関する検討

Allion Labs / Cache Her

TR-398は世界初のWi-Fi性能テスト標準で、この標準には家庭用Wi-Fiルーターの性能を規定する明確な基準があります。他の家庭用ワイヤレスデバイス(例えば、携帯電話、タブレット、セットトップボックス、ワイヤレスプリンターなど)また最近人気なIoT製品(例えば、スマートスピーカー、ウェブカメラ、家電製品またはセンサーなど)も同じ基準に従って規定できますか?この問題について、アリオンのプロフェッショナルテストチームは、TR-398の6つのメジャー側面(11項目のプロフェッショナルテスト項目)に対応する判断基準を理解するようにご案内します。そこで調査した結果、家庭用ワイヤレスデバイスやIoT製品についてテストできる項目が10個含まれています。最適なユーザーエクスペリエンスを実現するための、受信機の感度、スループット(帯域幅)、カバレッジ、マルチユーザーサポート、干渉防止および安定性などを含め、製品種目別とサポート機能によって性能パフォーマンスを検証することができます。

Read more

TR-398テスト事例-市販主力ルーターの性能比較

Allion Labs / Ryan Huang

現代の家庭生活には、携帯電話、様々な電子製品及びモノのインターネットデバイスなどはネットワークへ接続する必要があるため、ワイヤレスネットワークは非常に重要な役割を果たしています。ただし、Broadband Forumが2019年2月にワイヤレスルーターのWi-Fiパフォーマンステスト標準《TR-398インドアWi-Fiパフォーマンステスト標準》(以下「TR-398標準」と略称する)を発表してから、この業界は初めて完備なテスト標準及び規範がありました。TR-398規格のテスト内容には、合計11のテスト項目で、6つのメジャー側面があります。このテスト標準が発表されてから、各ネットワーク通信ベンダーの共通遵守するパフォーマンス標準がやっとありました。今回は、市販の主力ワイヤレスルーターを5台選んで、ユーザーがよく遭う問題を8項目模擬し、検証項目と比較しました。実験データを通じて各ワイヤレスルーターのパフォーマンスを確認しました。

Read more