TR-398とIoT製品の応用に関する検討

Allion Labs / Cache Her

TR-398は世界初のWi-Fi性能テスト標準で、この標準には家庭用Wi-Fiルーターの性能を規定する明確な基準があります。他の家庭用ワイヤレスデバイス(例えば、携帯電話、タブレット、セットトップボックス、ワイヤレスプリンターなど)また最近人気なIoT製品(例えば、スマートスピーカー、ウェブカメラ、家電製品またはセンサーなど)も同じ基準に従って規定できますか?この問題について、アリオンのプロフェッショナルテストチームは、TR-398の6つのメジャー側面(11項目のプロフェッショナルテスト項目)に対応する判断基準を理解するようにご案内します。そこで調査した結果、家庭用ワイヤレスデバイスやIoT製品についてテストできる項目が10個含まれています。最適なユーザーエクスペリエンスを実現するための、受信機の感度、スループット(帯域幅)、カバレッジ、マルチユーザーサポート、干渉防止および安定性などを含め、製品種目別とサポート機能によって性能パフォーマンスを検証することができます。

Read more

TR-398テスト事例-市販主力ルーターの性能比較

Allion Labs / Ryan Huang

現代の家庭生活には、携帯電話、様々な電子製品及びモノのインターネットデバイスなどはネットワークへ接続する必要があるため、ワイヤレスネットワークは非常に重要な役割を果たしています。ただし、Broadband Forumが2019年2月にワイヤレスルーターのWi-Fiパフォーマンステスト標準《TR-398インドアWi-Fiパフォーマンステスト標準》(以下「TR-398標準」と略称する)を発表してから、この業界は初めて完備なテスト標準及び規範がありました。TR-398規格のテスト内容には、合計11のテスト項目で、6つのメジャー側面があります。このテスト標準が発表されてから、各ネットワーク通信ベンダーの共通遵守するパフォーマンス標準がやっとありました。今回は、市販の主力ワイヤレスルーターを5台選んで、ユーザーがよく遭う問題を8項目模擬し、検証項目と比較しました。実験データを通じて各ワイヤレスルーターのパフォーマンスを確認しました。

Read more

スマートデバイス増加中!? 検証で品質管理を徹底しよう

Allion Labs / Alex Chien

インターネットはわたしたちの生活に必要不可欠なものになりました。検索・コミュニケーションアプリの利用・情報の受け渡しなど、すべてインターネットを通して行われています。インターネットに対応するデバイスも日に日に進化を続けており、デスクトップ型のコンピューターから持ち運びに便利なノートパソコン、パソコンの周辺機器など様々な種類の新しいデバイスがここ数十年で登場しました。現在はスマートフォンやモバイルデバイスの普及に伴い、インターネットに繋がる多種多様なIoT/スマートデバイスはめまぐるしい発展を遂げています。

Read more

遅延問題-映像と音声のズレ Bluetoothの遅延検証について

Allion Labs / Felix Kao

2018年と、Bluetooth技術が誕生から20周年を迎えました。最初はモデム時代の2Gダイヤルアップ接続における過渡期の技術としてエリクソンが策定したのですが、現在ではPAN(Personal Area Network)において揺るぎない地位を確立しています。

Read more

Type-Cデバイスのユーザー通知 ─ Billboardとは?

Allion Labs/ Ralph Liao

Type-C規格は、これまでのUSB規格が備えていなかった機能(映像出力・充電・音声出力・ネットワーク接続など)によって注目を集め、普及し始めるようになりました。多くの機能を持つType-Cではありますが、実際使用してみると問題点が多く、デバイスが対応していないといったトラブルがよく見られます。このようなとき、ユーザーに状況を通知するBillboardは有効な機能と言えます。 Read more

スマートホーム製品は互換性が命

多岐の分野に渡るIoT(Internet of Things:モノのインターネット、以下IoT)の中でも、最も注目を集めているのが『スマートホーム』です。近年、GoogleやApple、Amazonなどの大手企業が対応デバイスを新たに開発しており、IoTスマートホーム分野のトップを目指して鎬を削っています。スマートホームという概念が登場してから、メーカー各社は製品を「スマート化」させるだけでなく、市場では製品同士の互換性を求められており、各社にとって改善のポイントとなっています。

Read more